冷静に自分の労働環境を見直してみよう

ご連絡はこちらまで!

当サイトが労働環境によって苦しむ方に一度冷静に現在の仕事に関して考えていただくきっかけとなると幸いです。
当サイトへの問い合わせ先

働きやすさは職場の雰囲気で決まる

働きやすさは職場の雰囲気で決まる

働き始める前に労働環境を確認することができると転職活動を何回もしなくて済み、労働環境の整った企業に勤めることが可能になります。ここでは働く前に確認することの大切さと確認する方法をご紹介します。

働き始める前に確認

労働環境について働き始める前に確認することはとても大切なことです。働き始めてから「労働環境がとても劣悪なものだった」と気づいても遅いですよね。そして転職活動をまたやり直しとなると時間もお金も余計にかかってしまいます。
そして、一番のデメリットは転職活動がしにくくなるという点があります。自分が面接官になったと考えてください。履歴書を見るとこの1年で転職を3回している方が来るとどう思うでしょうか。どうしても長続きしない人という見方をしてしまうと思います。
こういった事態を避けていくためにも働き始める前に労働環境についてよく知った上で会社を選ぶことは大切なことなのです。

会社のHPなどでは不十分

会社のHPに記載されている職場の写真、インタビューなどに笑顔で答えている社員の写真など確認できることはあります。しかし、これらは全て当たり前のことです。どこの会社だって劣悪な環境でも笑顔の写真を載せますし、インタビュー内容も都合の良い内容しか掲載しません。
できる限り働き始める前に労働環境についての正確な情報を得たいですよね。その際に有効なことが社員の勤続年数を知ることです。

勤続年数を聞こう

会社のHP同様、面接時に「御社の職場の雰囲気は良いですか?」と聞いて「悪いです」と答える面接官はいませんよね。雰囲気とはそもそも抽象的なので、目に見える形で答えてもらうと判断しやすくなります。そこで、目に見える勤続年数を尋ねましょう。
人事を担当している方はそのあたりは把握していて当然です。もし「調べてみなければわかりません」といった内容や、曖昧な回答であれば勤続年数が短いのであまり環境は良くない判断がつきます。逆に勤続年数が長く、はっきりと答えてもらえれば環境が良い見込みがあります。

イベントや福利厚生について聞こう

労働環境を知るには社員間の雰囲気を良くする努力を行っているかどうか、という点が大切です。なるべく多めに社員間のコミュニケーションを促すイベントをしていることなどが判断基準となります。ここで適切な質問は「御社の最近行われたイベントはどのようなものがありますか」といった質問をしてみましょう。1ヶ月以内であれば割と頻繁に行われていると考えられます。
福利厚生についても聞くことが大切です。福利厚生について聞く際にはどのような施策をしているかを聞きましょう。多くの回答が出てくるほど、労働環境を整える努力をされている企業だと判断できます。
以上のようにコミュニケーションを円滑にするイベント、福利厚生策についてよく考えている会社は労働環境を整えようと努めている企業だと判断することができます。

おすすめの記事はこちら