冷静に自分の労働環境を見直してみよう

ご連絡はこちらまで!

当サイトが労働環境によって苦しむ方に一度冷静に現在の仕事に関して考えていただくきっかけとなると幸いです。
当サイトへの問い合わせ先

給与交渉はうやむやにしない

給与交渉はうやむやにしない

就職活動を行い、自分の志望していた会社から内定がもらえるとほっとしますよね。しかしそれがゴールなのではなく、そこに入社するとどのような条件があるのかという点を一度確認しましょう。確認が甘いと実際に働き出すと「こんな労働環境だったのか」と肩を落とすことになりかねません。
せっかく入社したのに短期間で辞めてしまったり、最悪の場合精神疾患を抱えてしまったりするかもしれません。そうならないためにも、労働環境の確認は大切です。特に給与に関しては生活の基礎となるためよく確認しましょう。

給与以外で確認しておくべきこと

給与の確認の前に、給与以外の労働環境について一通り確認しましょう。給与が満足いくものでも福利厚生がめちゃくちゃではたまったものではありません。
まずは福利厚生に関してどのようなものがあるのか、という説明はきちんと受けましょう。次に、勤務時間と残業に関してです。なるべく実情を知るために残業はサービス残業の有無をきちんと聞きましょう。最後に休日の日数と転勤の有無に関しても確認しておきましょう。これらは聞いて答えてもらうだけではなく、答えてもらった回答にさらに質問するなど納得いくまで確認することが大切です。

給与の確認は大切

休日の日数などは特に聞きづらいといったことも少ないかと思います。しかし、給与に関してはなかなか聞きづらいですよね。さらに給与の交渉はまたハードルの高いものがあります。しかし、入社してから後悔することがないようにしっかりと確認しましょう。
口頭で月の手取り額を言われて納得するのではなく、書面にて掲示してもらうようにしましょう。内定の承諾書にサインをする前に確認を終わらせてからサインすることが大切です。また、昇給に関しての概要を確認しておくことも大切です。
面接で希望していた金額とは相違することが当たり前です。内定の承諾書にサインした後に給与の交渉はNGです。承諾書は「労働環境の全てに納得しました」ということです。なので、確認する際に給与に関してはすり合わせを行いましょう。給与面で妥協できない際には内定を辞退する覚悟で相談しましょう。基本的には会社から掲示された金額は、これで納得して入社してほしいという金額です。あまりにも低いと感じるケースを除いて給与面では納得する方が無難です。

確認事項まとめ

給与はしっかりと目に見えて確認することができます。サービス残業や会社の雰囲気は働きださないと完璧に把握することは難しいです。そのため、給与だけは書面にて確認すること、そして交渉の余地があるのかないのかという点がとても大切なポイントとなります。働き始めてからの後悔がないように100%把握することができる給与はしっかりと把握しましょう。

おすすめの記事はこちら