冷静に自分の労働環境を見直してみよう

ご連絡はこちらまで!

当サイトが労働環境によって苦しむ方に一度冷静に現在の仕事に関して考えていただくきっかけとなると幸いです。
当サイトへの問い合わせ先

労働環境の悩みが多い職種

労働環境の悩みが多い職種

職種によって給与面での悩みを抱えやすい職種、人間関係で悩みを抱えやすい職種が存在します。看護師は人間関係で悩むことが多い職種です。理由として、女性の割合が圧倒的に多い女性社会であることが挙げられます。そして保育士は給与面で悩む方が多いです。保育士の給与水準はその仕事の割に低いとして問題視されています。美容師の方たちの悩みの多くは労働時間の長さです。美容師は労働時間と取り決められている勤務時間の曖昧さに悩むことが多いです。このように職種によって悩みを抱えやすい労働環境があります。

  • 職場の人間関係に悩む看護師

    職場の人間関係に悩む看護師

    看護師の女性の割合は95%ほどとなっていますので、看護師のコミュニティはほとんどが女性で構成されます。よって看護師の社会は女性社会が形成されやすく、女性社会では女性ならではの人間関係があります。看護師の仕事柄、仕事への価値観が分かれやすく、効率を重視すべきと考える人、1人に時間をかけて看護をすべきと考える人など様々です。女性社会であるということ、仕事観が分かれやすいことの2つの要因から複雑な人間関係を形成しがちな職種です。

    詳しくはこちら

  • 給与の低さが問題視されている保育士

    給与の低さが問題視されている保育士

    保育士の平均年齢は35歳で、35歳で働く平均年収は323万円という統計が出ており、他の職業と比べると給与面での待遇が低いという問題を抱えています。また、私立と公立の保育園でも差が出ており、初任給には変わりはあまりないものの昇給に関して差があります。保育士の仕事は働く時間と子供を預かる責任などの面からみても大変なものですが、その割に給与が低い労働環境です。保育士の初任給や昇給、そして年収に関してを詳しくご紹介します。

    詳しくはこちら

  • 労働時間が曖昧な美容師

    労働時間が曖昧な美容師

    美容師業界の労働環境の悩みとして多く挙げられることは、実際に働いている時間と勤務時間の相違です。美容師は契約の際には営業時間が勤務時間として定められることが一般的ですが、実際に働いている時間は朝礼や掃除などを含めると営業時間外にも及んでいます。そしてその時間は勤務時間の超過分として残業代が出ているかといえば出ていないのが現状です。なぜこのような勤務時間と実際の労働時間が曖昧となっているのか、この問題が起きる要因を把握しましょう。

    詳しくはこちら

おすすめの記事はこちら