冷静に自分の労働環境を見直してみよう

ご連絡はこちらまで!

当サイトが労働環境によって苦しむ方に一度冷静に現在の仕事に関して考えていただくきっかけとなると幸いです。
当サイトへの問い合わせ先

職場の人間関係に悩む看護師

職場の人間関係に悩む看護師

労働環境は職種によって特徴があります。看護師はやはり女性社会という特徴があります。そして女性社会には女性社会特有の人間関係が形成されがちであることと、医療の現場で責任の重い仕事をすることも相まって、人間関係に悩む看護師は少なくありません。

女性の多い職場

看護師の特徴として、女性が95%という圧倒的に女性が多い職種という特徴があります。女性の多い職場では感情に左右されやすい女性特有の人間関係が形成される傾向があります。陰口を言われたり、誰かを無視したり、噂話が流れたりといじめが起こりやすく、複雑な人間関係を形成しがちです。

責任の重い仕事

人の命を扱う病院で勤める看護師は責任の重い仕事といえます。命を預かる仕事なので、仕事でのミスは患者さんの命の危険が伴います。看護師として未熟な場合は、責任がある立場として指導が厳しくなることが多いです。よって新人の看護師や若手の看護師には「いつもきつく怒られる」といったイメージがつきやすく、上司や先輩が怖いといったストレスを抱えてしまうことが少なくありません。

仕事の価値観の違い

看護師は年代もライフスタイルはもちろん、経験が全く異なる看護師が連携して仕事をしていく必要性がある仕事です。以前働いていた職場での経験や持っている知識量、そして看護へ対する価値観が異なるので、お互いの価値観の相違で苦手意識を持ってしまうことがあります。
看護師として患者さんの命を守る使命に違いはないものの、じっくりと患者さんに向き合って時間を取りたい看護師と、効率よく全体を見てこなしていきたい看護師など、この場合ではお互いの仕事に対して意見したいことが多くでてきます。看護師として、仕事の価値観の違いが人間関係を複雑にすることがよくあります。

辞めたくなってしまう時

どの職場でも人間関係は仕事を離れる要因の一番の要素です。そして看護師の職場の特性上、このような人間関係が複雑になりがちなので、人間関係を理由に辞めたくなってしまうことが起きやすいです。
さらに、多忙を極める職場であったり、感情の起伏が激しい短気な看護師が多い職場だと余計に人間関係は悪くなってしまいます。仕事に関する以外のコミュニケーションはほとんどなく、必要以上の話を行えば言い合いになってしまうことから全員が口をきかない職場すらあります。こういった人間関係が形成されてしまう職場だと、辞めたくなってしまうことは当然です。
このような理由で人間関係に悩む看護師は、他の職場と比べると多い傾向にあります。

おすすめの記事はこちら