冷静に自分の労働環境を見直してみよう

ご連絡はこちらまで!

当サイトが労働環境によって苦しむ方に一度冷静に現在の仕事に関して考えていただくきっかけとなると幸いです。
当サイトへの問い合わせ先

一度立ち止まって考えよう

一度立ち止まって考えよう

企業を経営する人を雇う側、そして企業の理念に沿って働く労働者側、両方がいなければ組織は回りません。昨今では、労働者の環境について様々な問題が指摘されて改革が行われています。改めて現在の労働環境について、労働者も企業側も考えることが大切です。

休暇に関して

労働基準法では、6時間を超えて働く場合には45分以上の休憩を、そして8時間を超える場合には1時間以上の休憩を労働者に与えるよう定められています。そして休憩以外にも、休日は1週間に1回以上、もしくは4週間に4日以上の休暇を労働者は取得しなければなりません。
以上のことは実際に現場で働く労働者が考えるだけで叶えることは難しいです。企業側が労働者の働く環境を整えてあげること、労働者が休憩・休暇が取れるように考えて働くことの2つの要素が不可欠です。
ブラック企業と呼ばれる会社では労働時間について書類上は問題なく報告されていても、現状では時間外労働やサービス残業を課している企業も存在しています。特に企業側の圧力でサービス残業を強制することや、タイムカードを偽造することなど、事実と労働基準法との相違が挙げられます。

精神疾患につながることも

日本は先進国と呼ばれる国の一つですが、同じ先進国と比較すると日本は労働時間が長いことが指摘されています。つまり、働きすぎているということです。働きすぎることは病気のリスクを高めており、実際に精神疾患を抱えながら働く労働者も少なくないのです。

ライフワークバランス

労働時間について考えることはライフワークとのバランスを保つためにも必要です。今は女性が子育て、家事をこなすことが一般的です。もちろん男性が子育て、家事を行うことができる男性の育児休暇の取得など、男女平等の社会になることを目指していますが、現在ではまだまだ一般的とは言えないのが実情です。労働時間の調整が難しければ、この家庭での時間を設けることや子育てに影響が出てくることがあります。
働く環境をしっかりと整えること、そして労働者も自分自身の働く環境を企業側に任せっぱなしにせずに考えることが大切です。

労働環境をよく考える

当サイトで労働者の労働環境を、他の企業はどうなのか?他の職業ではどんな環境なのか?視野を少し広げてもらい、一度自分が働いている環境を見直していただく機会になると幸いです。もし、現在の労働環境がとてもつらいものであれば、それは自分のせいではない可能性だって十分にあります。
当サイトに関するご質問やお問い合わせに関してはこちらのお問い合わせ先までお願いします。

おすすめの記事はこちら